スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2009'10.27 (Tue)

東方神起 3人 裁判関係記事

そろそろ出ると思ってたら・・・
まだDVD観てません。(T_T)
続々と記事は上がってますが、一部の記事翻訳機かけましたので、
UPしときます。
漢字ばかりで内容が難しいので、理解できたような できてないような・・・(笑)
とにかく、まだまだ裁判は続くみたいやね~。


元記事 http://news.donga.com/Society/3/03/20091027/23717011/2&top=1
裁判所“東方神起3人個別活動可能”
2009-10-27 16:50 2009-10-27 19:38
ソウル中央地法民事合意50部(首席部長判事朴ビョンデ)はアイドルグループ東方神起のシアジュンス英雄在中ミッキユチョンなど3人が“専属契約が不当だ”としてSMエンターテイメントを相手に出した専属契約効力停止仮処分申請事件で東方新起メンバー3人の手をあげてくれて専属契約の効力大部分を停止した。
今回の決定で東方神起3人に対する専属契約の効力が事実上停止した。
仮処分を申請した東方神起メンバー3人はこれからSMの許諾なしで独自の演芸活動が可能になったのだ。
今回の仮処分決定は両側が正式に契約解約合意をしたり契約無効訴訟など法的紛争を終える時まで効力が維持される。
裁判所は“専属契約期間を13年に定めたことは申請人らが属した東方神起グループのアイドルスターとして性格に照らして,全盛期のほとんど全部を支配される結果になって,過度に長い”として“東方神起とSM間の専属契約は一部条項が善良な風俗その他社会秩序に違反した事項で見られる”と明らかにした。
裁判所は今回の決定でSM側が東方神起メンバー3人の意思に反する演芸活動契約を交渉締結したり市場支配力を利用して,これらの独自的演芸活動を邪魔する行為も禁止すると付け加えた。
懸案別裁判所の判断は次のようだ。

1)取引業者地位の不均衡
-芸能人専属契約マネジメント システムの構造的環境のために最初契約および以後付属合意過程で東方神起3人はSMが一方的に提示した契約条件を受け入れなければならない関係
2)草創期契約期間
-契約期間13年は東方神起グループのアイドルスターとして性格に照らして,全盛期のほとんど全部を支配される結果になって,過度に長期間.
3)一方的で過度な損害賠償額の予定を通した拘束
-SMは契約のずっと履行有無や契約関係の移管などに関し自由な選択権を持つ反面,東方神起は過度な損害賠償負担などで契約関係で離脱するところが事実上封鎖
-契約解約のための損害賠償予定額が東方神起には苛酷なほど決まっている反面,SMの違約に対する賠償責任に対して何の決めることがないなど損害賠償予定制度の本紙を顕著に抜け出すこと
4)SMが主張する正当化理由の妥当性有無
-海外進出を狙った新人発掘育成の必要性を勘案しても芸能人マネジメント契約は単純な雇用関係や用役(サービス)提供関係でなく全人的な活動全般が管理対象という点に照らしてみる時,この事件契約の構造的非公正性を正当化しにくさ
<最終結論>
-東方神起3人の意思に反してSMが東方神起の公演など演芸活動に関する契約を結ぶ行為を禁止する
-東方神起3人の独自的演芸活動に対するSMの異議申し出など妨害行為を禁止する。



元記事 http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2009/10/27/0200000000AKR20091027177400004.HTML?did=1195r
裁判所"東方神起3メンバー独自演芸活動可能
東方神起-SM専属契約一部効力停止決定

(ソウル=聯合ニュース)イウン記者=裁判所がSMエンターテイメントに人気グループ東方神起メンバー3人の独自の演芸活動を保障しろとの決定を下した。
ソウル中央地法民事合意50部(朴ビョンデ首席部長判事)は27日東方神起のメンバー3人が所属会社のSMエンターテイメントとの専属契約効力を停止してくれとしながら,出した仮処分申請に対して一部引用決定を下した。
裁判所は"専属契約の一部条項が善良な風俗に反して,全部または一部が無効か効力が消滅したと見る可能性が高い"として"本案訴訟判決までSMエンターテイメントが申請人らの意思に反して,公演など演芸活動に関する契約を締結したり申請人らの独自の演芸活動を邪魔してはいけない"と明らかにした。
裁判所は"だが個別合意を通じて,グループ活動を持続する可能性があって既存活動にともなう収益配分などは仮処分段階で無効と断定しにくい"として"専属契約効力の全面的な停止を求める部分は棄却する"と話した。
東方神起のメンバー5人中シアジュンス(実名キム・ジュンス),英雄在中(実名キム・ジェジュン),ミッキユチョン(実名朴楡川(ユチョン))等3人は"13年という専属契約期間は事実上終身契約を意味して,契約期間にレコード収益配分などSMから党合併した待遇を受けることができなかった"として去る7月末専属契約効力停止仮処分申請を出した。

元記事 http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2009102718272194026&type=1&SVEC
東方神起3人側"2週内 契約無効・収益分配本案訴訟"
イ・スヒョン記者| 2009/10/27 18:49
東方神起の英雄在中,ミッキユチョン,シアジュンス3人の弁護人の法務法人セジョン側が2週内に契約無効と収益分配に関する本案訴訟を進行すると明らかにした。
27日世宗(セジョン)関係者はマネートゥデイ スターニュースと電話通話で"2週内に本案訴訟を進行する予定"としながら"収益分配に関する内容と契約無効に関する内容になるだろう"と明らかにした。
引き続きこの関係者は"現在専属契約効力停止仮処分申請に対して一部勝訴判決が下されてきただけ契約無効に対する判決は三メンバーに有利なようだし収益分配に対する内容が主となるようだ"と説明した。
この関係者は裁判所側で専属契約一部効力停止決定を下したことに対して"全体効力停止決定されてきた場合収益分配を要請する根拠がなくなってまた東方神起としてこれ以上活動する可能性がなくなることになる"として"収益分配に対する根拠と今後活動計画などを考えた時,裁判所で三メンバーに有利な判決を下してくれたと解釈される"と付け加えた。
一方裁判所はこの日三メンバーが所属会社SMエンターテイメントを相手に提起した専属契約効力停止仮処分申請に一部効力停止決定を下した。


↓他記事は、続きを読むからどうぞ

【続き・・・】


元記事 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=001&aid=0002943170
東方神起3人,SMに損賠訴訟提起することに
|記事入力2009-10-27 17:49 |最終修正2009-10-27 19:47
(ソウル=聯合ニュース)イ・ウンジョン記者=東方神起三メンバー(シアジュンス,英雄在中,ミッキユチョン)の弁護人の法務法人世宗(セジョン)が東方神起所属会社のSMエンターテイメント(以下SM)を相手に専属契約無効確認の所と損害賠償請求訴訟を進行すると27日明らかにした。
担当弁護人のイム・サンヒョク弁護士はこの日聯合ニュースとの電話通話で"27日裁判所が専属契約効力停止仮処分申請に対して一部引用決定を下しただけ,すなわちみた訴訟を進行する"として"専属契約無効確認の所と不当な収益分配に対する損害賠償請求訴訟を提起するだろう"と明らかにした。
イム弁護士はこの日裁判所決定に対して"三メンバーがSMで活動することも,場合によっては抜け出して,活動することもできるという意味"と説明した。
裁判所はシアジュンス,英雄在中,ミッキユチョンが7月末SMを相手に専属契約効力停止仮処分申請を出したことに対して27日東方神起三メンバーの独自演芸活動を保障しろとの専属契約一部効力停止決定を下した。


元記事 http://www.cbs.co.kr/nocut/Show.asp?IDX=1298972
東方神起に一部敗訴したSM "直ちに異議申請すること"
東方神起所属会社との葛藤二番目裁判につながるだろうか
2009-10-27 20:57ノーカットニュース放送演芸チーム イ・ジヒョン記者
裁判所がグループ東方神起メンバーシアジュンスミッキユチョン英雄在中など3人が所属会社のSMエンターテイメント(以下SM)を相手に提起した専属契約効力停止仮処分申請に対して一部引用決定を下すやSMがこれに対して直ちに立場を明らかにした。
SMは27日午後報道資料を通じて"今回の結果で契約が無効と認められなかったが,一部引用された部分があって,直ちに異議申請をするだろう"と強調した。
引き続き"仮処分結果が出る前までマスコミの報道や対応を自制しろとの裁判所の要請により,その間明らかにしなかった正確な事実関係および当社の立場を近い将来また公式に発表する予定"と付け加えた。
先立って裁判所は東方神起三メンバーが出した専属契約無効仮処分申請の中で一部を受け入れて,当分三人が独自に活動できる法的根拠を用意してやった。
以後彼ら(これら)は法律代理人を通じて"裁判所が仮処分申請を一部受け入れただけ,SMエンターテイメントを相手にみた訴訟人専属契約無効確認訴訟を進行する"と明らかにした。


元記事 http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2009102720384296616&type=1
SM "裁判所決定に異議申請..近い将来立場発表"
キムキョウル記者| 2009/10/27 20:44
27日裁判所が東方神起とSMエンターテイメント間の専属契約中全部または一部が無効である可能性が高いと判断したことに対してSMエンターテイメント側が直ちに異議申請をすると立場を明らかにした。
SMエンターテイメント側はこの日午後東方神起メンバー3人が提起した仮処分申請結果に対して公式立場を発表した。
SMエンターテイメント側は"この程結果で契約が無効と認められないが一部引用された部分があって,直ちに異議申請をすること"としながら裁判所の決定に従わなかった。
引き続き"また仮処分結果が出る前までマスコミの報道や対応を自制しろとの裁判所の要請により,その間明らかにしなかった正確な事実関係および当社の立場を近い将来また公式に発表する予定だ"と付け加えた。
一方この日裁判所は5人組グループ東方神起メンバー中英雄在中シアジュンスミッキユチョンなど3人が所属会社のSMエンターテイメントを相手に提起した専属契約効力停止仮処分申請に対して決定文を発表した。
裁判所は今回の決定を通じて"東方神起の意思に反してSMが放送,映画出演,公演参加,レコード製作,各種演芸行事参加など演芸活動に関し契約を結んではいけない"と明らかにした。
また"東方神起の独自的演芸活動に対してSMが異議を提起するなど妨害をしてはいけない"と付け加えた。
その一方で裁判所は東方神起3人とSMが個別合意を通じて,グループ活動を持続する可能性がありながら,既存活動にともなう収益配分などは仮処分段階で無効と断定しにくいと判断"専属契約効力の全面的な停止を求める部分は棄却する"と明らかにした。

スポンサーサイト
22:20  |  東方神起  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●こんばんわ

ランランさんこんばんわ♪

記事を載せていただいてありがとうございます。
いろいろなところで記事を読んで、いまいち理解できなかったんですが、なんとなく分かった気がします。
彼らにとって今のところ有利なんですよね。でもこれから本訴訟ですか・・・。SMも異議申請って・・・・・何をしてくるんでしょうか。

なんか勝訴したとしても5人での活動はどうなるの?とか正直素直に喜べない気もします。
ランランさんのひとつ前の記事読みました。
私も今だからこそ彼らはこの行動を起こしたんだろうなと思います。彼らのため、そして後輩たちのためにも。いろいろ犠牲にすることはあるだろうけど、覚悟してますよね。

まだまだ不安な日々が続きますけど、待つしかないですよね。

長々と失礼しましたm(__)m
domi | 2009年10月27日(火) 23:28 | URL | コメント編集

●domiさんへ

なんか翻訳機だと分かりづらくって、変な部分もたくさんあって、
電子辞書も参考にしてます。
今日の朝鮮日報の日本語版でやっとちゃんと理解できたよう気が・・・^^;

どうやら裁判は長引きそうで、彼らにとっては もし勝訴したとしても、
間違いなく日本ではイメージダウンになるわけで・・・
でも、彼らは ただのアイドルじゃなくて、実力あるんだから、
大丈夫だと思ってます。

ただ、ほんと、5人の活動がどうなるのか?
ファンの一番の心配ごとですね。

事務所側がどう出るのかも、怖いです。。。
何を公表する~~??
ランラン | 2009年10月28日(水) 22:33 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tohoranran.blog112.fc2.com/tb.php/28-78867585

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。