スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2010'05.07 (Fri)

今日の初公判・・・記事

元記事 http://spn.edaily.co.kr/entertain/newsRead.asp?sub_cd=EA21&newsid=01348086592966624&DirCode=0010201
東方3人vs SM仮処分これの申請心理'平行線'
-裁判所合意提案に'SM肯定的' vs '東方3人懐疑的'

入力:2010-05-07 20:25:49 [イーデイリーSPNヤン・スンジュン記者]
東方3人"専属契約不当深刻" vs SM "東方神起待遇他企画会社比較して悪くなくて"
シアジュンス・英雄ジェジュン・ミッキーユチョン(以下東方3人)等東方神起三メンバーと所属会社SMエンターテイメント(以下SM)が専属契約効力停止仮処分一部引用に対するこれの申請心理でも互いに見解の違いを狭めることができなかった。
東方3人とSM側弁護団は7日午後5時ソウル,瑞草区(ソチョグ),瑞草洞(ソチョドン),ソウル中央地方法院民事法情358号で開かれた仮処分これの申請に対する心理で互いに既存立場を守りながら,対立点をたてた。
今回の心理は裁判所が東方3人がSMを相手に提起した専属契約効力停止仮処分申請を一部引用するやSMがこれに対する異議を提起,裁判所に先月12日仮処分これの申請を提起してなされた。
この日心理でSM側は"国内他企画会社と比較して,東方神起収益分配率が不公正なのではない"として東方3人との専属契約中収益分配条件などが大きい問題になることがないことを再度強調した。
また東方3人がみた判決でない仮処分一部引用決定にもかかわらず,日本で現地エンターテイメント会社エイベックスと別途契約を結んだことに対して強力に問題を提起した。
反面,東方3人側は"SMと東方神起の契約は期間と収益分配皆深刻なほどで不当だ"と声を高めた。
該当事件を受け持った第50民事部(部長判事崔ソンジュン)はこの日心理で両側の主張を確認して合意点を模索したが大きい成果はなかった。
裁判所は両側に専属契約調整後合意を提案したが両側の反応は交錯した。
SM側は裁判所が専属契約期間を短期契約で修正して収益分配比率を再調整するのを条件で東方3人側と合意可能性を尋ねよう"協議は可能だ"として開かれた姿勢を見せたが東方3人側は"三メンバーがSMに信頼を失って,これから一緒に仕事をすることになることに対して否定的に考える"と懐疑的な答を出した。
だが東方3人側は心理末"SMの交渉意志が真剣なのなら東方3人に意思を確認してみて裁判所にまた見解を明らかにすること"としながら余地を残すこともした。
一方,この日心理にはキム・ヨンミンSM代表とナム・ソヨンSMジャパン代表などが参観したし東方神起メンバーらは参加しなかった。
裁判所は今月末まで両側が提出する準備書類を検討した後SMが提起した仮処分これの申請に対する決定を下すことになる。


元記事 http://news.nate.com/view/20100507n19943
SMキム・ヨンミン代表,“東方3人に新しい契約条件提示可能”交渉意志表わして
ノーカットニュース 2010-05-07
裁判所“交渉意志見えなさい”両側に忠告…葛藤解決の可能性は‘否定的’
[ノーカットニュース放送演芸チーム チャ・ヨン記者]
SMエンターテイメント キム・ヨンミン代表が東方神起3人に新しい契約条件を提示できるとし,交渉意志を表わした。
7日午後5時ソウル,瑞草洞(ソチョドン)中央地法民事50部(崔ソンジュン部長判事) 358号民事法廷ではSMが東方神起3人英雄ジェジュン,シアジュンス,ミッキーユチョンを相手に出した専属契約効力停止仮処分申請一部引用決定に対する異議申請初めての心理が開かれた。
この日裁判所は“両側が皆損害をこうむっている状況であるのに交渉をする意志がないように見える”として東方神起3人側に“契約無効でない,効力停止仮処分申請をしただけSM側と交渉意志を見せなさい”と忠告した。
引き続き裁判所はSM側に“3人が不公正だと主張する部分が顕著に改善された全く新しい契約条件をかける意志があるか”と質問した。

これにキム・ヨンミン代表は“可能だと見る”と答えて,3人側に積極的な交渉意志を見せた。
3人を代理する法務法人セジョン側は“SMが破格的条件をかけて提案してくるならばどのようにするか”という裁判所の質問に“3人本人に交渉意志があるのか確認してみる”と答えて,交渉の可能性を開けておいた。

だが両側が実質的に交渉意志があるのかに対しては否定的だ。
セジョン側は“今回の事件で3人が背信者烙印がつけられた”として“SMとは仕事をしないというのが3人の立場”と一貫して主張した。
SM測度立場の差を狭めなかった。
SMを代理する法務法人地平知性とユルチョンは“ビジネス パートナーとしては信頼を回復できると見る”ながらも“東方神起が受けた処遇が似た級の国内歌手らと比較した時,少なくとも不利ではなかった”と既存立場を守った。
これに対して裁判所はSM側に“新しい契約を提案するならば,例えば,13年から2年減らし収益配分率10%から15%に上げる程度では解決にならない”として“画期的な他の契約形態を提示しなければならないこと”と忠告した。
先立って,裁判所は昨年10月東方神起3人がSMで相手に提起した専属契約効力停止仮処分申請に対して一部引用決定を下した。
以後3人は個人活動に注力している。
最近では日本エイベックス社を通じて,3人組ユニットで活動することを発表することもした。


※~※~※~※~※~※~※

裁判所よ! がんばっちくれ~~


さて、ジェジュンのドラマ・・・
やっぱり回数重ねるごとに、ジェジュンもドラマに馴染んできてるような・・・
こっちが見慣れてきたのかもやけど。^^
私、すでにもう、ジェジュンの出てる部分だけを編集して、あとは部分消去してます。σ(^_^;)
昨日のも、終了後に即、編集しました。^^
時間あるときに、じっくりリピります。


スポンサーサイト
22:28  |  東方神起  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。