スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2010'03.28 (Sun)

ユノケル♪関連記事

今日のユノケル、まだやってる最中かな?^^
もう終了したかな?

昨日の公演についての記事、あげときます。

元記事 http://www.newsis.com/article/view.htm?cID=&ar_id=NISX20100328_0004753318
ユノユンホ,マイケル・ジャクソン呼び起こす
記事登録一時[2010-03-28 00:06:37]最終修正一時[2010-03-28 12:08:08]
ソウル=ニューシス】イ・ジェフン記者=虎は死んで,革を残すが,人は死んで,名前を残す。
昨年6月亡くなったポップの皇帝マイケル・ジャクソン(1958~2009)は名前だけでなく珠玉のような数多くの曲も残した。
27日夜ソウル,龍山(ヨンサン)戦争記念館平和の広場で開かれた‘A Tribute Band From Michael Jackson’s This Is It Movie And U’はジャクソンを追慕するためのコンサートであった。
ジャクソンのヒット曲が約1時間30分の間15曲程度繰り広げられた。
特に,グループ‘東方神起’のユノユンホ(24)がリード ボーカルを引き受けて,2000人余りの聴衆を熱狂させながら派手な舞台をお目見えした。
トニーテリ,バン ジョンソンなど他のボーカルが歌に重点を置いたとすれば,ユノユンホはジャクソンを連想させる舞台衣装と彼の踊りをまねるなどパフォーマンスに集中した。
公演の初めての曲はジャクソンが1982年発表したアルバムで歴代最高の明礬中に一つに選ばれる‘スリラー(Thriller)’の収録曲‘ビート イッ(Beat It)’だった。
ユノユンホが舞台の下で飛んでくるかも登場,ぐんぐん寒くなった天気にも思う存分踊りの実力を誇った。
ユノユンホは‘ビート イッ’を呼んだ後“こんにちは。ユノユンホです。
たくさん寒いでしょう?マイケル・ジャクソンの追慕公演にリード ボーカルで立って気分が良い”として“寒さを飛ばしてしまう公演をお目見えする”と伝えた。
以後テリとジョンソンなどのボーカルを主軸でジャクソンのヒット曲が続いた。
‘Working Day And Night,‘Rock With You’等ジャクソンが1979年発表したアルバム‘Off The Wall’等を聞かせた。
‘P.Y.T.(Pretty Young Thing)’,‘Remember The Time’,‘Human Nature’等ライブ バンド演奏とともに聞くジャクソンのヒット曲らは思い出に染み入るようにさせた。
ジャクソンが1987年発売した‘Bad’の収録曲‘Smooth Criminal’を呼びながら,ユノユンホがまた舞台に上がった。
ユノユンホは熱情的にジャクソンのパフォーマンスを再現やり遂げながら,初めての舞台に同じように熱いファンたちの歓声をかもし出した。
テリはジャクソンが属していた兄弟グループ‘ジャクソン ファイブ’の‘Never Can Say Goodbye’を呼ぶ途中“マイケル アイラブユー.
ネバーカン強くグッバイ”と話して,ファンたちをかっとするようにさせることもした。
そのようにジャクソンは物理的に存在しなかったけれど,名前と音楽で大きい余韻を抱かせた。
以後ユノユンホは時々登場,‘They Don’t Really Care About Us’,‘Jam’等を聞かせながら,また他のジャクソンを舞台ためにヒョニョンケ作った。
東方神起の時とは違ったカリスマを見せながら非の打ちどころがない実力を誇示した。
ユノユンホとテリ,ジョンソンなどはミュージックビデオ中初めて米国国立映画登記簿に登載されたりもした‘スリラー’をアンコール曲で聞かせながら,この日舞台を終えた。
ユノユンホは“今後も大いなる関心をお願いします。
ありがとうございます”と伝えた。
この日公演会場にはユノユンホと同じマネージメント社の東方神起の最強チャンミンをはじめとして,グループ‘シャイニー’のミノなどが探して,目を引いた。
しかし公演が予定より1時間10分程度遅れながら,2000人余りの聴衆が寒さに震えて眉をひそめるようにさせることもした。
‘A Tribute Band From Michael Jackson’s This Is It Movie And U’は28日夜同じ場所で一度さらに開かれる。
一方,ユノユンホは6月8日ロンドン ウェムブルリ アリーナで繰り広げられるジャクソン1周期追慕コンサートにアジア歌手では唯一参加する。
ジャクソンの兄のジャーメイン ジャクソン(56)が企画した公演だ。
ユノユンホ他にもジャクソンの弟(妹)ジャネット ジャクソン(44),ジャスティン・ティンバーレイク(29),プリンス(52),サンタナ(63)等が出演を確定した。


翻訳、ヘンテコ部分ありで、ミアネ~~


↓主催者側への厳しい批評もあがってます。

【続き・・・】

元記事 http://osen.mt.co.kr/news/view.html?mCode=B02&gid=G1003280011&page=1
マイケル・ジャクソン追慕公演,“高いチケット値段戻して”
2010.03.28 08:06
[OSEN=イミョンジュ記者]ユノユンホと‘This is it’バンドの合作で期待を集めた‘マイケル・ジャクソン追慕韓国公演’が10万ウォンを越える高いチケット値段にもかかわらず,水準低い公演でジャクソン ファンたちの怨まれている。
27日龍山(ヨンサン)戦争記念館平和の広場で開かれた‘マイケル・ジャクソン追慕韓国公演’には2000席を越える観客席が満杯になるほど多いファンたちが殺到した。
その中大多数は男性グループ東方神起のリーダーユノユンホを見に来た若い人々だったが,マイケル・ジャクソンを愛する外国人ら,オールドポップに対する郷愁を持った40~50代ファンたちも多数見えた。
しかし当初企画したことと余りにも違った公演内容にジャクソン追慕公演を見に来た人々はため息をついた。
公演会場で会った50代男性観客は“一時間でも超えて公演が遅れるのに主催側では正しいとか誤りだとか言葉がない。
わけもなくきたようだ”として不満を吐露した。
実際にこの日公演は1時間20分も遅れて,約7時20分(韓国時間)に始めた。
主催側は‘技術的な問題’で公演開始時間が遅れるとだけ知らせただけその他の詳しい内容は明らかにしなかった。
何の理由で遅れるのか,遅れるならばいつ始めるのか,どれくらいさらに待たなければならないのか全く分かる方法がない観客らは寒い天気の中でぶるぶる震えるほかはなかった。
問題はこのだけではなかった。
総110分で企画された公演時間が90分に減ったがこれに対する返済措置や関連案内が全くなかったし,当初ユノユンホが7曲を歌う予定だったことで実際公演には5曲に減ったが事前了解も成り立たなかった。
被害をそっくり観客らが担わなければならない計算だ。
公演に参加したメンバー構成図既に広報したこととは大きい差があった。
公演製作社S2エンターテイメントは最近報道資料を通じて,ボーカリスト ケン ステイシとキボディストゥ モリス プレジュアなどが来韓すると明らかにしたことがある。
特に今回の公演のメンバーらがジャクソンの‘This Is It’バンド構成員らというニュアンスで関心を集中させたが実際に‘This Is It’メンバーはバンドのマスターのモリス プレジュアただ一人だけだった。
ボーカリスト ケン ステイシの場合は最初から出席さえしなかった。
これと関連して,ある関係者は“健康上の理由で参加することができなかった”という言葉だけ繰り返した。
この他にこの日公演では‘公演会場内写真撮影禁止’という原則のために主催側とファンたちとの争いが広がった。
また突然に公演会場に東方神起メンバー最強チャンミンが現れて,彼を見るために先を争って走っていくファンたちで血なまぐさい場所になることもした。
一方,マイケル・ジャクソン追慕韓国公演の‘A Tribute band from Michael Jackson’s THIS IS IT movie and U-Know Live’は27日と28日両日間ソウル,龍山(ヨンサン)戦争記念館で開かれる韓米合作プロジェクトだ。
著名なキーボード演奏者のモリス プレジュアをはじめとする米国現地メンバーらと韓国を代表するグループ東方神起のユノユンホが出演して,話題を集めた。
当初知られたこととは違って来る6月8日英国,ロンドンで開かれる‘マイケル・ジャクソン1周期追慕コンサート(THE Tribute Concert)’とは何の関連がないと分かった。

※~※~※~※~※~※~※~※~※~※

1時間以上も開演が遅くなるなんて、寒すぎる~~~
椅子もなしで、待つなんて・・・
お客さんも気の毒やけど、ユノも気の毒。ε=( ̄。 ̄;)フゥ


スポンサーサイト
17:53  |  東方神起  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。